歩き方チェック『すり足編』



こんにちは!『転倒する人を減らしたいんだの会』会長のキクマです!!

◆おばあちゃんが最近フラフラして転びそうで心配!

◆高齢者に関わる仕事をしているが、担当している方がつまづくから怖くて目が離せない!

など、転倒に関する悩みは後を絶ちません。

しかし、そのような転倒しそうな方に限って『大丈夫、大丈夫』と言って気にしていないことも多いですよね。

転倒予防は、まず転倒について『知る』ことから始まります。

前回の記事にて『高齢者の転倒は怖い』ということを説明しましたが、今回はもう少し深掘りして、転倒しやすい歩き方の一つである『すり足』について分かりやすく説明します!


転倒の危険は歩き方で分かる


理学療法士は、患者さんの歩き方を毎日毎日見ています。それも、ただ見ている訳ではありません。

外から見れば、おしゃべりしながら楽しそうに歩いているだけに見えるかもしれませんが、実は運動学や解剖学、生理学などの様々な知識をフル活用しながら『歩行分析』を行なっています。

毎日毎日患者さんの歩き方を見ていると、『つまづいて前に転ぶ危険が高そうだ』とか『後ろにふらついて尻もちをつきそうだ』など、どのような方向にどう転ぶ危険が高いか、ということが予想出来るようになってきます。

歩き方から『どのように転倒するか』を予測すれば、転倒の危険を大幅に下げる事が出来ますので一緒に勉強していきましょう!!

それでは、歩き方をチェックしてみましょう!!


すり足歩行チェック


『すり足』とはその名の通り、足を地面に擦りながら歩く歩き方のことです。

ご高齢の方はすり足歩行になる人がとても多く、少しの段差や障害物につまづいて転びやすくなってしまいます。

すり足歩行になっているかどうかは、歩いている時に『足をどこから着くか』を見ればすぐに分かります。

なぜなら、すり足歩行の方は『踵から接地すること』が出来なくなっているからです。その為、踵から接地していれば越えられた少しの段差や障害物につまづいてしまい、転倒する危険が高くなるのです。


すり足歩行になってしまう3つの原因


すり足歩行になってしまう原因は様々ですが、今までご高齢の方々と関わってきて多かった3つの原因を紹介します。

①つま先が上がらない

つま先を上げるには、前脛骨筋という前すねの筋肉の働きが必要です。この前脛骨筋の筋力が低下するとつま先が上がらなくなります。

また脳卒中や脊髄の疾患により麻痺がある方、糖尿病による末梢神経症状がある方などは筋肉自体があっても、つま先を上げることが出来なくなります。

そもそも足首の関節が固まってしまっている方もつま先が上がらなくなります。

 

『つま先が上がらない』を改善するトレーニング方法についてはこちらへ

すり足歩行を治そう!!『つま先編』

2019年7月9日

 

②背中が丸まっている

筋力低下がなくても背中が丸まっていると、物理的に足を持ち上げる筋肉が働きづらくなり、すり足歩行になりやすいです。

背中が丸まる原因や改善するトレーニング方法を知りたい方は下記リンクへどうぞ

すり足歩行を治そう!!『背中の丸まり編』

2019年7月12日

 

③両足で踏ん張っている

ご高齢の方は、バランスをとる為に両足でしっかりと踏ん張って立っている方が多くいらっしゃいます。

そのような方は歩く時にも両足での踏ん張りが抜けずに、体重の左右移動が不十分となり、片足を浮かせる時間が短くなってしまいます。片足を浮かせる時間が短くなってしまうことで、足を上げる時間が取れなくなってしまう為、すり足歩行になりやすい傾向があります。

 

すり足の方はどう転ぶ??


すり足歩行の方が転倒しない為には、すり足を改善する事が一番かと思いますが、様々な疾患等の個人差により改善が難しい場合もあります。

少なくともすり足歩行の方と歩く時に、転ばせてしまわないように転びやすい方向を覚えておきましょう。


姿勢やバランスの取り方、歩行速度にもよりますが、一般的にすり足歩行によって転倒する可能性が高いのは、つまずきによる『前方』への転倒です。

すり足歩行がみられ、一日に何度もつまづいているような方と歩く時は、『前方』に倒れやすいということを念頭に置いて、前方に倒れた時にも支えることの出来る位置(側方または前側方)で歩くことをおすすめします。


つまづいて前方に転んでしまうと、手をついて腕を骨折したり、膝をついて足の付け根を骨折してしまう危険があります。

すり足歩行の方と一緒に歩く機会のある方は『段差や障害物があることを先に言う』『つま先を上げるように声をかける』『側方または前側方で一緒に歩いていつでも支えられるようにする』などを心がけて、転倒を予防しましょう!!

誰でも簡単!『CS-30』で筋力年齢をチェックしよう!!

2019年6月28日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

宮城県在住の理学療法士『キクマ』です! このブログでは『高齢者福祉に従事している方』『ご家族の介護をしている方』に向けて、理学療法士として学んだことや経験したことを分かりやすく発信しています。 このブログにより、大切な人の健康を支える手助けができたら幸いです。