誰でも簡単!『CS-30』で筋力年齢をチェックしよう!!



こんにちは!『左膝に爆弾を抱えている』キクマです!!

皆さん『老化は足から』という言葉をご存知でしょうか??

歳を重ねていくと『長く歩けなくなったなぁ』『階段が辛くなったなぁ』など足が弱くなったと感じる方が数多くいらっしゃいます。

『足』は若い頃と比べて『出歩く頻度が減った、家でゴロゴしている時間が増えた』など使わなくなる傾向があります。

『足』を使わなくなって衰えてしまうと、目に見えて運動量が減ってくる為、更なる筋力の低下、体力の低下、心臓・肺機能の低下などが起こり、老化につながってしまうのです。

そのような状態になっていないか、現在の『筋力年齢』をチェックしてみませんか??


今回は、誰でも簡単に筋力年齢を測れる『CS-30(30秒椅子立ち上がりテスト)』について説明します!

椅子とストップウォッチさえあれば、いつでもどこでも出来るとても簡単なテストです!!

それでは、実際のやり方について順を追って説明していきます!


『CS-30(30秒椅子立ち上がりテスト)』のやり方

【使用するもの】

■ストップウォッチ ■椅子(高さ40cm程度)


【テストのやり方】

30秒間で椅子から何回立てるのかをテストします

1.椅子には浅めに腰かけて、足は肩幅に開きます

2.両手を胸の前で組み、立ち上がります(膝・腰・背中がしっかりと伸びるように立ちましょう)

3.立ち上がって座るまでを1回とします

※膝や腰に痛みのある方、または循環器疾患がある方は実施を控えましょう


〈実施のポイント〉

■踵の低い靴、もしくは裸足で行いましょう

■立ち上がる際は、息を止めないように注意しましょう

■急にテストを始めると、ふらついて転んでしまう危険が増します。何度か練習をしてから行うようにしましょう。


『脚力年齢』をチェックしよう!!


記事の始めで説明した通り、『CS-30』を行うことで『筋力年齢』が分かります!!

テスト結果と上記の表を見比べて、テストをした方の年齢にしては良いのか悪いのか、何歳の方々の『ふつう』と同じなのかを確認してみましょう!!


126365422339616402247_cs30
「30秒椅子立ち上がりテスト(CS-30テスト)成績の加齢変化と標準値の作成.臨床スポーツ医学20(3):349-355,2003」  「日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの妥当性.体育学研究47(5):451-461,2002」より引用

 

『筋力低下』は転倒に大きく影響する


下の図はRubensteinらの研究によれば、筋力低下が最も転倒リスクが高く、ついで転倒経験、歩行障害、バランス障害としています。

筋力低下がある人は、ない人に比べ『4.4倍』転倒リスクが上昇します。

(Rubenstein.2001)


『CS-30』の結果でみると、転倒の危険が高くなると言われているカットオフ値は『14.5回/30秒』です。

もしもテスト結果が14回以下であった場合には、筋力低下により転倒の危険が高い状態かもしれません。


『CS-30』は椅子とストップウォッチさえあれば、簡単に行える筋力テストです!!

・自分の筋力年齢が気になる

・おじいちゃん・おばあちゃんが最近フラフラしていて転びそう

・高齢者に関わる仕事をしていて転びそうな人がいる

このような方は、是非一度『CS-30』を試してみて下さい!

転倒によって骨折・寝たきりなど、辛い思いをする人が減ることを心より祈っています。

すり足歩行を治そう!!『背中の丸まり編』

2019年7月12日

『10m歩行テスト』で歩行年齢をチェックしよう!!

2019年6月25日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

宮城県在住の理学療法士『キクマ』です! このブログでは『高齢者福祉に従事している方』『ご家族の介護をしている方』に向けて、理学療法士として学んだことや経験したことを分かりやすく発信しています。 このブログにより、大切な人の健康を支える手助けができたら幸いです。