すり足歩行を治そう!!『つま先編』



こんにちは!!『階段の最後の段によくつまずいて恥ずかしくなる』キクマです!!

皆さんは、つまずいて恥ずかしい思いをした事はありませんか??

今回は、歩行チェック『すり足編』にて、すり足歩行になってしまう原因の一つとして挙げた『つま先が上がらないを予防・改善するトレーニングいくつか紹介します!!

 

『つま先が上がらない』のはなぜ??

つま先が上がらない理由は人それぞれですが、歳を取るごとにつまずく機会が増えてきたという方は筋力の低下や『足首の硬さ』が原因となっている可能性があります。

『筋力の低下』や『関節の硬さ』が原因であれば、練習次第で改善出来る可能性があります。

 

つま先を上げる筋肉とは

 

つま先を上げる筋肉として有名なのは『前脛骨筋』と呼ばれ、すねの外側に位置する筋肉です。

この筋肉が弱くなると、つま先を上げることが不十分となり、ちょっとした段差や階段でもつまずくようになります。

 

足首が硬くなる理由

普段から歩く量が少なく、小さい歩幅で歩くような方は、ほとんどと言っていいほどふくらはぎの筋肉である『下腿三頭筋』の柔軟性が低下しています。

この『下腿三頭筋』の柔軟性が低下すると足首が硬くなってしまい、つま先が上げづらくなります。

 

前脛骨筋を鍛えるトレーニング

座ってつま先上げ

回数:20回×2セット(目安)

◆踵を床に着けたまま、両足のつま先を上げましょう

◆座面を両手で掴んで、体を安定させましょう

ポイント!!
前すねの少し外側を触りながら足を上げ下げしてみましょう!!

前脛骨筋の収縮を感じながら行うことで、トレーニング効果がアップします!!

 

立ってつま先上げ

回数:20回×2セット(目安)

◆立ったまま両足のつま先を上げましょう

<注意点>
①後ろに転倒しないように、手すりや椅子などを掴んで行いましょう
②転倒の不安がある方は介助者についてもらいましょう

ポイント!!
足先を見ながら行いましょう!!
◆つま先が上がりづらい方は、お尻を後ろに突き出しながらつま先を上げましょう!!

 

下腿三頭筋のストレッチ方法

アキレス腱伸ばし

片足20秒×2セット

◆壁や手すりの前に立って、片足を後ろに引きます

◆壁や手すりに手をついて、安全な状態で体を前に倒しましょう

ポイント!!
◆後ろに引いた足は膝を曲げないようにしましょう!!
かかとは地面に着くように意識しましょう!!

 

まとめ

今回は、すり足歩行の原因の一つである『つま先が上がらない』を予防・改善する為のトレーニングを紹介しました。

自宅でも簡単に行えるトレーニングのみピックアップしましたので、参考にして頂けたら嬉しく思います。

 

すり足歩行の方は、湿気の多い今の時期にフローリングなどの床に引っかかって転倒してしまう方もいらっしゃいます。

ご高齢の方に携わる際は、履物などにも気を配って安全に過ごして頂けるように支援していきましょう!!

すり足歩行を治そう!!『背中の丸まり編』

2019年7月12日




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

宮城県在住の理学療法士『キクマ』です! このブログでは『高齢者福祉に従事している方』『ご家族の介護をしている方』に向けて、理学療法士として学んだことや経験したことを分かりやすく発信しています。 このブログにより、大切な人の健康を支える手助けができたら幸いです。