安く購入しよう!!入浴介助の便利グッズ紹介!!



キクマ
こんにちは!!昔は親に『お風呂だよ』って言われるのが嫌だったキクマです!!

在宅での入浴介助は大変ですよね。

『服を脱がせたり着せたりするのが大変』

『転ばせそうで心配』

『浴槽の中へ介助するのが大変』

などなど様々な問題と向き合わなくてはならなくなります。

 

そんな大変な入浴介助を少しでも楽に、安全に行う為の便利グッズについて分かりやすく説明します!!

介護保険で安く購入しよう

 

要支援・要介護認定を受けている方で、且つ在宅で生活している方『福祉用具購入費支給』の対象になる可能性があります。

 

福祉用具購入費支給の対象になれば、申請により購入したもののおおよそ8割から9割ほど給付されます。

しかし、福祉用具購入費支給を受けるにあたって市町村により若干の注意点があります。

 

福祉用具購入費支給の注意点

注意点①購入費はいったん全額負担しなければならない場合があります

注意点②特定の事業所から購入しなければならない場合があります

 

キクマ
市町村により若干の違いがあるため、必ずケアマネジャーへ相談してから購入するようにしましょう!

福祉用具購入費支給の対象となる便利グッズ

①入浴用いす(シャワーチェア)

通常の入浴用いすは高さが低く、着座時にお尻がずれてしまって転んでしまったという方も少なくありません。

その点シャワーチェアは高さがあるため、立ち座りが安全で楽に行うことが出来ます

 

◆折りたたみができて収納しやすいもの

◆肘掛けつきで跳ね上げ可能なもの

◆座面が回転するもの

など様々なタイプがあるため、体に合ったものを選ぶことができます

 

②浴槽用手すり

浴槽へまたいで入る際、浴槽の縁を掴むと手が滑ってしまい転ぶ危険があります

◆浴槽へのまたぎが不安な方

◆住宅改修などの工事はしたくない方

などは浴槽の縁に設置する浴槽用手すりがおすすめです。

キクマ
使わなくなった場合に取り外しが簡単に行えることもおすすめポイントです!

 

③浴槽内いす

浴槽内いすは、とても利便性が高いグッズです。

 

◆浴槽が深くて入るのが大変な方

◆半埋め込み式・埋め込み式浴槽でまたぎが大変な方

◆浴槽内から立ち上がるのが大変な方

圧迫骨折により体を深く曲げると再骨折の危険がある方

人工股関節置換術をしており、股関節を深く曲げると脱臼の危険がある方

 

上記に当てはまる方は使ってみると入浴が楽になるかと思います。

 

④入浴台(バスボード)

立ったまま浴槽をまたぐことが難しい方におすすめなのが『バスボード』です。

浴槽の縁に置くタイプのものや、浴槽の高さと同じ高さのバスボードを使用することで、座ったまま安全にまたぐことができるようになります

キクマ
立位がとれない方の入浴介助をする際には必要な便利グッズですね!!

 

⑤浴室内すのこ

洗い場に『浴室内すのこ』を敷くことで、脱衣所との段差を解消することができます。

また、洗い場で滑って転んでしまう危険を減らしてくれるのもありがたいですね。

 

⑥浴槽内すのこ

浴槽の深さを調整することで浴槽への出入りを楽にしてくれます。

市販の形が決まっているものもあれば、浴槽の形にぴったり合わせて作成してくれる業者もあります。

 

⑦入浴用介助ベルト

移乗介助が必要な方の入浴介助をする際、裸の状態での介助は手が滑りやすく転ばせてしまう危険が高まります

入浴用介助ベルトをつけることで転ばせてしまう危険を大幅に軽減できるとともに、介助負担も軽減できます

 

まとめ

今回は福祉用具購入費支給の対象となる入浴介助便利グッズを紹介しました!!

使ってみたいものがあった場合は、担当ケアマネジャーに是非相談してみてください。

 

1人でも多くの方が、安全で快適に入浴できるようになればとても嬉しく思います!!

 

入浴介助便利グッズ

①入浴用いす(バスボード)・・・立ち座りが楽で安全にできる

②浴槽用手すり・・・・・・・・・浴槽へのまたぎが楽にできる(取り外し可能)

③浴槽内いす・・・・・・・・・・浴槽へのまたぎが楽にできる

④入浴台(バスボード)・・・・・立ってまたぐことが出来ない方へおすすめ

⑤浴室内すのこ・・・・・・・・・脱衣所と洗い場の段差解消 + 滑って転倒を予防

⑥浴槽内すのこ・・・・・・・・・浴槽を浅くしてまたぎやすくする

⑦入浴用介助ベルト・・・・・・・介助負担の軽減 + 手の滑りを予防




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

宮城県在住の理学療法士『キクマ』です! このブログでは『高齢者福祉に従事している方』『ご家族の介護をしている方』に向けて、理学療法士として学んだことや経験したことを分かりやすく発信しています。 このブログにより、大切な人の健康を支える手助けができたら幸いです。